STAFF

【記者会見やってみた】結果、社会を再定義された

2016.06.19 たくみ

【舛添元都知事、YouTubeをみてください。】
【記者会見やってみた】

先週の金曜の17日に記者会見
「舛添さん僕たちの絵を買ってください。」

を無事行うことができました。

東京新聞社様
HEAPS Magazine 様[ http://heapsmag.com/ ]
お忙しい中取材に来てくださり本当にありがとうございました。

そしていつも来てくれる 濱野 康平Miyoh Yamaura、サンキューです。

会場はマイプレイス学生ラウンジCAMPUS PLUS(キャンパスプラス)、初めてお金を払って利用しました。いつもあざます!

『記者会見ってどうやんだ。』

ってところから始まりました。

つーかいままでTVで見てきたあの“カシャッカシャッ”ってフラッシュがたかれまくってるアレって自然に集まってんのか。

そう思ってました。

実際にいろんな人に聞いたら
僕らみたいな無名の人間は”プレスリリース”というのを送らないといけないらしく

とりあえず刊行物一覧[ http://www.pressnet.or.jp/member/ ]に乗ってるところ、思いつくメディアや人すべてに連絡しました。

ここの時点で人っ子1人こない画が頭の中で想像できました。

それまでは
「すくなくとも30人は来るだろ。」
とかぶっこいてました。

しかし会見5日前、東京新聞社社会部からメールが来てます。と通知が来ました。

そして同タイミングにHeaps mediaにインターンしてる友達からも連絡がきて

当日は僕たち以外に3人もいる空間ができました。

「この記者会見自体が作品です。」

今回の記者会見は絵を買ってもらおうってことをアピールしたかったのではなく

これを行うこと自体が作品でした。

これ以上深くいう気はないのですが、

少しずつでも進んでく感触があったので、会見中めちゃくちゃ楽しかったです。

いろんな人にあーだこーだ言われても
楽しいからそれでいいわ。

そう思いました。

そして!POTECHI新しい章に入りました!

続く。

https://www.youtube.com/watch?v=pgDG9EWOX9A

記者会見終了後