STAFF

明けまして、おめでとうございます。

2016.01.13

新年明けまして、おめでとうございます。

キャンプラ1、テキトーで迷惑かけまくってるこーきです。

きょうは、なにかこーかなーー。

とかいろいろ考えてたんだけど、

初投稿だし、

2016年の抱負ではなく

少しまともなこと書こーと思います。

まずは

greeting

【自己紹介】

オーストラリアで生まれ

イギリスで6年

オランダで6年

シンガポールで3年の生活を得て、

高校一年生の時に日本に来ました。

俗に言う、帰国子女ってやつですね。

→めちゃんこ、日本語苦手です。。。????

今は、慶応義塾大学の一年生です。

オランダでサッカーを始めて、

めちゃめちゃサッカー好きです。

なんていうんだろー。

チームと一緒に共通の目標を持って、

それを達成するために、自分の身を削って、

ときには、チームメートを叱ったり

怒られたり。

共に高めあえるのがめちゃめちゃたのしーーんよねーーーー。

よし!話したはなした!!!!

ここら辺で、話をかえましょかえましょ!

海外生活をしていると、

英語喋れるようになるし、とくしかないし、羨ましーーーー。。。

こんなことよく言われます!

でもね。実際に海外に行ってみて、

外国人しかいないコミュニティーにとけこんで、

って実は、ほんとーに難しいことなんだよ。

って僕はいつも思うなーーー。。。

こーんな話を僕のまだまだ未熟な19年の経験から話そーかな。。。

これは、僕がオランダにいた時の話だ。

小学5年生のときかな。????

オランダ語なんか全く話せない僕は

オランダ人が過半数のサッカーチームに日本人一人で入団しました。

オランダ人の友達つくろーーー。

そしたら、オランダ語も自然に喋れるようになるし

かっこよくないーーー??????

って、めちゃめちゃ甘いこと考えてました。

だから最初は、いじめの嵐よ。。。

あれ、チャリのサドルがベトベトするぞ。

とか、ユニフォームが汚されてるんだけど。

とか。。。。

そう。

言語・文化の壁は高い。

stragle

そんなことを思い知らされました。

でも、それでもみんなと仲良くなりたい一心で、

壁があるならそれをなくす!!

その気持ちの一心で、なにをされても

そのサッカーチームに通い続けて

練習にもで続けて、

やっとの思いで、仲良くなれたんだよネーーー。

そこからは、もーーー成功体験の連続だから省略しちゃうけど、

ここで言いたいのは、

サッカーで文化・言語の壁を超えられる!!

football

ってことです!!

スポーツとか、音楽とか、なんらかの協働体験で文化・言語の壁は超えられます。

これを僕は確かに体験しました。

最初は会話ができないから、練習中ボールも要求できない。

でも、アイコンタクトで、

ノンバーバルコミュニケーションで、

ボールを要求できる。

そして、だんだん互いの動きだったり、ボールが欲しい場所

それが理解できるようになる。

っっとっっと!ここポイントだね!!

ここで、お互いのことをだんだん理解し始めて、

理解し始めると、それが興味に変わって、

お互いをもっと知ろうとする。

ここで、ノンバーバルコミュニケーションから、だんだん、

コミュニケーションに変わっていって、

だんだん、仲良くなっていく。

これで、気がつけば、サッカーというツールで

言語・文化の壁を越える体験の成立だ。

僕は、ここではサッカーっていう素晴らしいスポーツが

コミュニケーションを産んだからこそ

この壁をよじのぼれたけど、

その壁を超えられない人って多いんだよねーーーー。。。

だからこそ、そーいう壁の前で立ち止まってる人

困っている人を見かけたら救ってあげて欲しいんだよネーーー。

例えば、日本にはだいたい200万人の外国人が住んでるって言われてて

その壁に苦しんで、高校に進学しない子とかもいて、、

なんなら、日本に住む外国人の高校進学率は50%を切ると言われてて、、、

そーいう人たちが、街中でよくその壁に苦しんでると思うんだよね。

僕が今日行ったうどん屋にもいました。

漢字が読めなくて、注文できず困っている人!

そーいう人に声をかけてくれたら嬉しいな

帰国子女にずるいとか言わないで欲しいなー

_318-29612

なーーーーーんてたまに考えたりしている

そーーーんな
キャンプラのスタッフです。

自己紹介めちゃめちゃ長くなっちゃってゴメンなさい

こーんな感じな人生を送ってきているスタッフです。

かなり長くなってしまったので今回は、自己紹介で終わります。

なんか気が合いそうとか、話したいとか思った人は、

ぜひキャンプラまで、足を運んでください!
ここまで読んでいただきありがとうございました。

こーき